2017年03月16日

楽しいトリックアート

ふと思い立って、京王線高尾山口駅近くの「トリックアート美術館」に行ってきました。
平面に描かれた絵のはずなのに、立体的に浮き出たり見え方が変わったり‥‥

P1080011.JPG

この写真の階段はこちらを向いていますが、横に移動して右方向から見ても、やっぱりこちらを向いているのです。
いったいどうなってるの!?本当に不思議‥‥

他にも、どう見ても長さや大きさが違うのに本当は同じ物が描かれている絵とか、刻一刻と美しく模様が変化する巨大万華鏡とか‥‥。いろんな種類の作品が次から次へと現われて飽きる暇がありません。
エジプト大使館協賛の施設だそうで、ファラオの遺跡や自然公園の世界に迷い込んでいく雰囲気もよく出ていました。
身近な非日常空間‥‥とても楽しかったです。


posted by Puff(パフ) at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

早くも桜の季節

伊豆の早咲きの桜が見頃になったという話を聞いてからしばらく経つので、近場でもそろそろかな、と思い行って来ました。冬の新宿御苑へ‥‥

今の時期、遅咲きのウメが良い香りを漂わせています。
そして地図を頼りにカンザクラが植えられている場所へと歩を進めると‥‥

P1080003.JPG

可憐に咲き誇る姿で出迎えてくれました。綺麗なピンク色を見ているだけで、心が浮き立ってきます。

今回初めて目にして、その真っ白な美しさに心魅かれたのは「ペーパーホワイト」という花。

P1080009.JPG

スイセンの一種だそうで、星形の可愛らしい花が群生して咲いている様は、ひとつの宇宙がそこに存在しているかのようです。
風はまだ冷たいですが、確実に近づく春を実感できる嬉しいひとときでした。
posted by Puff(パフ) at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

峰寿荘にて

2月16日に、所沢の老人憩の家「峰寿荘」さんにおじゃましました。
今回も「歌音の会」の公演で、フルートの比奈子さんとエンジェルハープ2台の編成で演奏しました。

P1070903.JPG

オープニングは年明けからPuffのレパートリーに加わった「春の海」。そして朗読作品の合間に「春の日の花と輝く」など4曲をお送りしました。
そのうちの2曲は、ピアノを習ったことのある方なら一度は耳にされたことのあるブルクミュラーの練習曲。「貴婦人の乗馬」と「ゴンドラのうた」です。
ハープとフルートでの演奏は、乗馬はより優雅に、ゴンドラの乗り心地はよりゆったりと‥‥ピアノとはまたひと味違った趣きを醸し出せたと思います。

皆様とても熱心にお聞きくださり、終演後もエンジェルハープのまわりに集まって質問してくださったり、楽器にも興味を持っていただけて嬉しいひとときでした。
posted by Puff(パフ) at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

マリー•アントワネット展

六本木ヒルズで開催中の「マリー•アントワネット展」に行きました。
ヴェルサイユ宮殿美術館が所蔵する、マリー•アントワネットにまつわる多くの美術品を見ることができます。
波乱に満ちた人生を実際に使われていた品々を目にしながらたどることができ、実在の人物としての彼女が心に迫ってくるようでとても感銘を受けました。

P1070622.JPG

写真は唯一撮影可だった、王妃の寝室を再現した部屋です。

首飾り事件の首飾りのレプリカや、晩年実際に着用されていた肌着なども展示されていて、歴史の重みを実感します。小箱などの日本の漆器製品を彼女はとてもお気に入りで、コレクションとしていくつも所有していたことも驚きでした。
そして何より、彼女とハープとの深い関係! 彼女自身もサロンコンサートでハープを演奏し、ハープが大流行したのだそうです。

P1070623.JPG

会場は森タワーの52階にあって、眺めも良い場所でした。
posted by Puff(パフ) at 08:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

「とめの里」で公演

2月2日に、所沢の老人憩の家「とめの里」さんで演奏させていただきました。
ここでの「歌音の会」の公演は、前回は一昨年の6月に時本さんが参加しましたが、今回は初めて山崎もご一緒しました。

P1070785.JPG

最初にお聞きいただいたのは、年明けに「桜印のコンサート」でフルートの比奈子さんと初演した「春の海」。
そして表現豊かな朗読作品の間に、エンジェルハープのデュオで「花の街」と「学生王子のセレナーデ」をお送りしました。

朗読も音楽も皆様静かにじっくりと聴き入ってくださり、終演後には、「小さいハープ、初めて見ました。音が素敵ですね」と声をかけてくださったり、多くの方が「とても良かった!」と笑顔で会場を後にされるのを目にして、私たちも充実した気持ちになれました。
曲のレパートリーも着々と増やして、エンジェルハープを通していろんな方々とまたハッピーなふれあいができたらいいな、と思っています。
posted by Puff(パフ) at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。