2017年05月18日

ナナカマドの花

P1080405.JPG

普段よく通る道に、白くて小さい花をたくさんつけている木があります。
その花の量がすごい!
ひとつひとつの花は小さいのに、こんなに集まると存在感抜群です。
調べてみると、ナナカマドの花だとわかりました。
ナナカマドと言えば、綺麗な赤い実をつける木というイメージでしたが、そう言えば冬には同じ場所に赤い実がたわわに実っていたのを思い出しました。

このナナカマド。一説では、燃えにくいため7回かまどにくべても灰にならないからこの名がついた、ということです。
ちなみに花言葉は「慎重」「私はあなたを見守る」。
ヨーロッパでは同じナナカマド属の木が、お守りの意をこめて船や十字架をつくる材料になったりするそうです。

そして、近くにはエゴノキの花も咲いていました。こちらもなんとも美しい白‥‥。
P1080407.JPG

白さが映える爽やかな季節です。


posted by Puff(パフ) at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。