2017年04月19日

北欧のスープ

1月にフィンランドのデザインハウス「マリメッコ」の展示会へ行った時、北欧に関する本のフェアをやっていたのでスープのレシピ本を買っていたのですが、そのレシピを見て初めて作ってみました。
フィンランドの代表的なスープ「サーモンクリームスープ」です。

P1080144.JPG

北欧は海に囲まれているので、魚介類が豊富で家庭料理の材料としても定番なのだそうです。
じゃがいもとにんじん、そして本当はリーキという西洋ねぎを使うのですが手に入らなかったので普通の長ねぎをまず煮て、そこに主役の生鮭を入れてさらに煮ます。味付けは塩、こしょうと生クリーム、バターを加えます。
材料を揃えて煮るだけなので作りやすく、しかも具だくさんで栄養満点!

お味の方は‥‥鮭や野菜の旨みと生クリーム、バターのこくがマッチしてふんわりと優しい味わい。おかあさんに作ってもらったお料理のような温かみがあって素敵でした。
もっといろんな食材を使った別のレシピにも、ぜひチャレンジしてみたいです。


posted by Puff(パフ) at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

ロイヤルの園にて

3月30日に、所沢のデイサービスセンター「ロイヤルの園」さんでの歌音の会公演で演奏させていただきました。
Puffとしては3回目の参加です。エンジェルハープ2台での演奏3曲と、フルートの比奈子さんとパーカッションの多田さんもご一緒に4人で4曲ほどお聴きいただきました。

P1080169.JPG

2月に峰寿荘さんで初演したブルクミュラーの「貴婦人の乗馬」と「ゴンドラのうた」。
今回はパーカッションの効果音も入って「貴婦人の乗馬」は蹄の音と共により軽やかに、「ゴンドラのうた」は水面に美しくきらめく陽の光の間を縫って進んでいくような、より豊かなイメージが広がったと思います。
曲が終わると「きれいな曲‥‥」とつぶやいてくださった方もいらして嬉しかったです。

演奏の後は、歌音の会の皆さんによる群読という、何人もでひとつの作品を読んでいくプログラム。その熱演に会場は拍手喝采!おおいに盛り上がりました。

会場の皆さんは、音楽のメロディ一音一音、朗読の言葉ひとつひとつに素直に反応して身体を動かしたりなさっていて、楽しんでくださっているのがじかに伝わってきました。
「もう終わりなの?もっと聞きたい」「ぜひまた来てね〜」と温かいお言葉に包まれて、公演させていただいた私たちも幸せな気持ちになれた素敵な午後のひとときでした。
posted by Puff(パフ) at 15:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。