2017年01月31日

マリメッコ展

P1070782.JPG

渋谷のBunkamuraザ•ミュージアムで開催中の「マリメッコ展」に行きました。
フィンランドを代表するデザインハウスの、設立から現在まで60年にわたる歴史をたどることのできる展示会です。

1951年の創業後、フィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得た柄を使い、ゆったりとシンプルにカッティングされた服でフィンランド国内で人気を博しましたが、1960年代にはアメリカのケネディ大統領夫人がマリメッコ•ブランドの服を着てマスコミに登場したことで、他の国々でも一躍流行の最先端となったそうです。

マリメッコと言えばこの柄というほどよく知られる「ウニッコ(ケシの花)」は初期にデザインされたもので、その柄が今も引き継がれて衣服だけでなく食器や雑貨類にも広く応用されていますが、変わりゆく情勢に対応してどのように製品展開して行くか、60年の年月の中では幾度も紆余曲折があったようです。
今でも続く人気の裏には、いろんな工夫や苦労があるのだなと改めて思いました。
また1970、80年代には、日本人のデザイナーも社員として何人も活躍されていたことも意外でした。

色彩も柄も、自由で明るい気持ちにさせてくれるマリメッコのデザイン。
その魅力の秘密と奥深さを知ることができた、充実した時間でした。


posted by Puff(パフ) at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

「若紫」 再演

こんにちは、時本です。
ちょっと久しぶりに担当させていただきます。

先週、所沢市の失語症の会の集まりで、歌音の会の公演がありました。

京言葉で読む「源氏物語」より、「若紫」の朗読に合わせて、
フルートとご一緒に、エンジェルハープを演奏させていただきました。

1年ぶりの「再演」
「天上のフルート」の曲がやはり源氏の世界にぴったりで、
やわらかな京言葉とのコラボがとても心地よかったです。

ご本人とご家族、そしてボランティアの方々が、60名ほどお集まりでしたが、
みなさんとても集中して熱心に聴きいってくださり、濃密なひとときを
共有できた実感がありました。

個人的にも、以前、身内に失語症の当事者がいたので、特別な感慨をもって
弾かせていただきました。
心あたたまる集いに参加させていただき、ありがとうございました

posted by Puff(パフ) at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

キューブホールにて

DSC01429.JPG

1月7日に、「桜印のコンサートVol.11」に参加させていただきました。
今回も、ピアノ、リコーダー、クラリネット、フルート、ボーカルなど、いろいろな楽器の音楽仲間の皆さんが集まり演奏を披露しました。

私たちPuffは、エンジェルハープ•デュオでロンバーグ作曲の「学生王子のセレナーデ」、フルートの比奈子さんと一緒に宮城道雄の「春の海」、そして後半に多田さんのパーカッションも一緒に「The Water Is Wide」「リベルタンゴ」「灰色の瞳」を演奏させていただきました。

所沢ミューズのキューブホールは初めてでしたが、噂どおりとても音響が良かったです。
エンジェルハープの弦1本1本から発せられた音が、ヒュンッ!と遠くへ飛んで行って反響しているのを肌で感じることができて感動的でした。

いろんな楽器の音色に聞きほれたり、「あ、この曲いいな。今度やってみたいなぁ」と刺激を受けたり‥‥音楽大好きな皆さんと過ごす1日は毎回とても有意義で楽しいひとときです。
2017年も、音楽に満ちた素敵な幕開けとなりました。
posted by Puff(パフ) at 15:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。